おかげ荘って?
スタッフ紹介
女将 美代子

昭和62年、旦那の実家であるここ、
真鶴でおかげ荘を始めました。
独学で学んできた料理は、
本格的な会席料理ではないものの、
〝ほっとするような田舎の料理〟をモットーに、
皆様に「おいしい」と言っていただけるよう、
一生懸命作っております。

次女 佳美

洋食料理を担当しております。
熱海のフレンチレストランで修行を積み、
素材に合わせた創作料理が得意です!
趣味はお菓子作り。

長女 千春

さまざまな接客業をしてきました。
多趣味で、カナダでのホームステイ経験から、
英語は堪能(?)。
神社仏閣が好きで、
真鶴のいい所をよく知っています。
笑顔と気さくな接客が人気です!

おかげ荘の歴史

〝おかげ荘〟という屋号の由来は、
曾祖母の代に、「みなさんのおかげさまで」という口癖の人がおり、
その人の家は〝おかげさん〟と呼ばれていました。
宿を始めるとき、そこから名前をいただいて〝おかげ荘〟となったのです。
今までは、6畳和室が3室しかない小さな宿としてやってまいりましたが、
より良いサービスを提供したいという思いと、無理のないのんびりした経営を考え、
1日1組限定の宿として再スタートしました。
2人でも10人でも1組のお客様。
自分たちも納得するサービスを心がけて、
皆さんの「おかげさまで」で末永くご愛顧いただきたいと思う〝おかげ荘〟なのです。